Adrenaline 2015/0530/ラウンジDJ紹介

099a170f5169f92b

Miki

Adrenalineで2008年の第2回からレジデントを務める、現在唯一の女性レジデントDJ。ミックス、マッシュップ音源は下記Soundcloudよりチェック可能!

今回はテクノセットでアドレナリンラウンジを盛り上げる。

Soundcloud

https://soundcloud.com/misugemiki

DJ DEPATH HG

90年代初頭にスペイン・バルセロナから誕生したダンスミュージック「MAKINA(マキナ)」に注目し、日本に「MAKINA」を仕掛けた第一人者。
2000年に正式なDJ活動をスタートし、2008年に日本人初のMAKINAクリエイターM-Projectと共にスペインの最大手MAKINAレーベル「BIT MUSIC」 から「DJ DEPATH & M-Project EP」、本場MAKINAシーンの重鎮である「FRANK DIAZ」が主催するMAKINAレーベル「JEWEL UP」よりスプリットEP「FRANK DIAZ VS DJ DEPATH & M-Project EP」をリリースする。
同年に日本初のMAKINA MIX CD「DJ DEPATH & M-Project / LAND OF PASSION」 をリリースしMAKINAの存在を知らしめた。
そして2012年、活動15周年を記念したミニアルバム『Makina Exclamation』をリリース!Makinaシーンの現在進行形の音を圧縮した1枚に仕上がっている。

今回は別名義DJ DEPATH HGとしてテクノ、ハードグルーヴ主体のセットでラウンジを盛り上げる

 

Odawara

tengaboysから飛び出したふしぎな目をした男の子。先端部は(フロアの)形状を考え、ジャストフィットするだけでなく、(音の)動きに応じてだんだん(フロアの)奥へ移動するのが特徴。(音の)大きさの割に抜けにくいのがポイントです。また特筆すべきは(音の)バキューム感。このTENGA ODAWARA独自の感覚は非貫通式アシッドサウンド全般に言えること何ですが、(キックを)抜く動作をする時に内部が真空になり、激しい(音の)バキューム感が感じられます。特にTENGA ODAWARAは(靴の)素材の柔らかさと相まって(鼻の)バキューム感が強いように感じられます。迷った時はこのホールを買っておけばまず間違いありません。

Bazookistan

かつては新種ギャル【白マンバ】として雑誌やテレビ等に出演。
現在は卓矢エンジェルの服に身を包み、マキナDJを志して活動中!
HEAVY POP へびぽ レギュラーDJ。
http://hebipo.blogspot.com/

Taki

硬いテクノを中心にシカゴ・ハウスまで四つ打ちを中心に選曲するスタイルで
「賢さとBootyさ」2つを両立させるプレーを信条としている。
最新のリリースから20年以上前の曲まで混ぜ込むことで
年齢不詳な雰囲気を出そうとするも
残念ながらほんのり音からおっさん臭が漂うのが目下の悩み。
ベイスターズファンゆえそれなりに多い負け試合のあとで
機嫌が悪い時にDJしなければならない時はそっとして下さい。

Eryngi 

千葉県出身。

90年代後半からジャーマンテクノに傾倒。

秋葉原駅前バーPlayerにて第1第3土曜日に行われる”Dance Music Party Night”にてDJ



コメントは受け付けていません。